復職支援(リワーク)デイケア

  • こころの病気
  • 薬物療法
  • 心理療法(カウンセリング)
  • 復職支援デイケア
  • 歯科心身症
  • 検査
  • 利用できる福祉施設
  • ここの健康のために

復職支援(リワーク)プログラム

イメージ

うつ病や適応障害などの治療のため休職された方の職場復帰を支援する治療プログラムです。
休職から職場に復帰して仕事を再開する際には、自宅で療養している時とは異なる身体的、心理的な負荷が加わります。このハードルを乗り越えて職場に戻る準備をするための治療プログラムが復職支援プログラムとなります。プログラム参加を通じて、通勤や業務に合わせて生活リズムを整え、作業能力を回復させていきます。自分の物事への受け止め方や感じ方を見直す、ストレスにうまく対応する、人とのコミュニケーション技能を高めるなど再発の防止に役立つスキルを身につけます。
プログラムに参加することで円滑な復職に結びつくだけではなく、以前よりもこころ豊かで穏やかな生活を送ることができるように医師、看護師、臨床心理士、精神保健福祉士が協同し支援させていただきます。一人だと気負いすぎたり焦りすぎたりしてしまいがちですが、スタッフや仲間と一緒に復職に向けて準備を整えていきます。

プログラムの概要

職場復帰プログラムは週5日、月~金の9:30~16:00に実施されます。

午前(9:30~12:00)
集団でのグループワークが中心となります。認知行動療法、ストレスマネージメント、マインドルフルネス、アサーショントレーニングなどによりストレスへの対応力を高め、こころの健康を保つことができるようにサポートいたします。

午後(13:30~16:00)
実際の仕事の感覚や作業能力を回復するため、パソコンを用いたオフィスワークを主に行います。

1週間の予定表

9:30 ミーティング、軽い体操、ストレッチ
10:00
休憩
10:15 ストレスマネージメント
リラクセーション
オリエンテーション
こころの健康について
グループワーク 社会技能訓練
アサーションセラピー
集団認知行動療法
     
12:00
休憩
13:30 オフィスワーク
作業能力回復課題
オフィスワーク
作業能力回復課題
オフィスワーク
作業能力回復課題
キャリア支援
芸術療法 1週間の振り返り
自己分析
     
15:00
休憩
15:30 ミーティング、一日の振り返り
16:00

参加について

主治医と相談して参加を決めていただきます。
復職までの参加期間は個々人の状況で異なります。回復の状態、調子に合わせて参加する日数を決めていきます。午後のプログラムから参加することも可能です。
このような方に利用をおすすめします。

  • 復職に向けてどのように準備してよいのかわからない
  • 復職に意欲があるが、実際に戻ることに自信がない
  • 復職する前にコンディションを整えたい
  • 復職後の再発を防止したい

当院に通院をされていない方でも、他の医療機関に通院しながらリワークプログラムのみを利用していただくことが可能です(自立支援も利用可能です)。
主治医と相談していただき、どのようなことをしているのか見学に来てみてください。その際にはお手数ですが前もって連絡をお願いいたします。

他院で治療を受けている方

当院に通院をされていない方でも、他の医療機関に通院しながらリワークプログラムのみを利用していただくことが可能です。
主治医と相談していただき、どのような雰囲気なのか見学にお越しください。見学の際には事前に当院にご連絡をお願いいたします。

費用について

健康保険が適応され、3割負担の場合、6時間のプログラム利用で1920円、3時間で890円となります。
自立支援医療(自己負担1割)をご利用の場合は、6時間で640円、3時間で300円となります。
※自立支援制度のご利用をおすすめします。自立支援医療制度は市区町村に申請が必要です。詳しくは当院受付にお問い合わせください。

実際のプログラム

ストレスマネージメント

ストレスに対処するスキルを高めることを目指します。怒りへの対処(アンガーコントロール)や意見を上手に人に伝える技術(アサーション)を身につけることで、円満なコミュニケーションが可能となり、対人関係でのストレスを減らし再発の防止につながります。また、対人関係を円滑にするためのロールプレイ(何らかの場面を想定して対話のトレーニングをすること)も適宜行います。これにより、「ストレスを溜め込みすぎないよう、お互いに快くなれる話し方」等を、実践的に練習していきます。

リラクセーション法

心身の自己管理能力を高めることを目的に、呼吸法、自律訓練法、筋弛緩法等のリラクセーション法の習得をめざします。
不安や緊張などの「心」の不調は、「体」とも密接に関係しているため、体をリラックスさせることは心の不調の改善にも繫がります。なお、練習するリラクセーション法は、特殊な道具等を必要とするものではなく、ご家庭でも実践できるものであり、日常生活でストレス等を感じたときにすぐに取り組めます。

集団認知行動療法

認知行動療法をグループで行います。抑うつ感や不安を引き起こす思考や行動のパターンに気づき、より柔軟な対応ができるようになることを目的としています。
「自分の考えや行動がどうなっているか」を振り返り、「考えや行動のどの部分を、どう変えると良いか」に気づくことは、精神的な不調から回復するためにとても重要です。集団認知行動療法では、そのような形で参加者の皆様の「取り組むべきポイント」を明確化します。また、「集団」で認知行動療法を行い、参加者同士でディスカッション等を行うことは、「自分だけでは気づけなかったこと」を知るきっかけにも繫がります。

グループワーク

グループで課題に取り組み、話し合いや資料作成、発表を行います。
周囲と協同して円滑に仕事をするスキルや交渉などの感覚を取り戻します。
復職後、職場の人たちとの連携をスムーズに行うためには、休職期間中も「周囲の人たちと一緒に何らかの課題に取り組む」という機会を持つことが重要です。グループワークの時間では、様々な課題を通して「連携する能力」(共同作業をする、ディスカッションをして意見をまとめる、等)の回復を促します。

芸術療法

集中して手先を動かすなどの行動を通して、気分が落ち着く、体の調子が良くなるという感覚をつかむことを目的としています。
コラージュ、塗り絵などの作品作りを主に行いますが、出来上がった作品の「上手い・上手くない」の評価が目的ではありません。作業に集中することによるストレスの解消や、継続的に一つのことに取り組む力の回復、表現力の向上等をめざして行われます。

運動療法

ヨガによりストレスの緩和、リラクセーション、体力の回復を図ります。
ヨガは交感神経の過剰な活動を鎮め、ストレスによって生じる不調に有効とされています。
心の調子を崩しているときは、どうしても非活動的になり、運動不足になりがちです。リワークデイケアでは少しずつ体を動かす練習も行い、あくまで無理のない形で運動の習慣を身につけていくことを目的としています。

オフィスワーク

パソコンでの文書入力や資料作成、各種検定の学習などを通して基礎的な作業能力の回復をめざします。実際の仕事の感覚を取り戻すことに役立ちます。
オフィスワークの時間では、参加者ごとに違った課題を選ぶことが可能です。ご自身の職場において重要なスキルの回復・向上のため、特に必要と考えられる課題を選び、それに集中することができます。また、一つの課題に集中すること自体が、「落ち着いてものごとに取り組み続ける能力」の向上にも繫がります。

お役立ちページ

クリニック概要
医院名 一宮メンタルクリニック
診療科目 心療内科・精神科
住所 〒110-0005
東京都台東区上野6-1-1小西本店ビル4階
※ 多慶屋さんの斜め向かい、1Fにメガネドラッグさんがあるビルです。
最寄駅 ・JR御徒町駅 徒歩1分
・東京メトロ日比谷線 仲御徒町駅 徒歩1分
・東京メトロ銀座線 上野広小路 徒歩1分
・大江戸線 上野御徒町 徒歩1分
電話 03-5817-4824
休診日 日曜・祝日
診療時間
9:30~
13:00
15:00~
19:30

休診日:日曜・祝日 ▲金曜午後は18:00まで ★土曜は9:30~17:00

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。